日々の勉強の進み具合とか書きます。
by yuco-ri
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
流星花園IIをみる - その3
今日のベンキョウ
試験勉強
今日の単語
头晕(tou2yun1) めまい
我感到头晕。めまいを感じる

今日は流星花園II第3話のあらすじをかきます。
Backnumber:第1話 第2話



--流星花園IIあらすじ - その3 --------

エルサは司をつれて、友人・サクの働くワイナリーに身を寄せることにする。エルサ自身の自分探しの旅の話をして励ますが、司はご飯も食べず部屋にこもったきりで一向に心を開こうとしない。

そのころ杉菜はホテルの部屋にこもり、道明寺が買ってくれた風船を手に取り道明寺のことを思っていた。F3は道明寺がみつからないこと、杉菜が部屋からでてこないこととにいらついて口論となる。(美作が珍しく大興奮。)部屋の外に出て、3人は自分達は大学を卒業してもF4だ、ということをお互い確認して仲直りする。部屋に戻ると、杉菜がいなくなっていたため3人は探しに出かける。

スペインの町を見渡せる場所(風船を買ってもらった場所・・・のはず)で類が杉菜をみつけた。類に、杉菜の声だけが阿寺をちゃんと導くんだ、この場所に阿寺がいる、だから叫ぶんだ といわれ、杉菜は道明寺の名前を叫び続けた。

エルサは相変わらず道明寺に話しかけるが、道明寺の様子は変わらない。エルサは道明寺の傷の手当てをしながら、少しずつどこの国からきたのかなど思い出させようとするが、道明寺は未だ一言も話さない。道明寺のために晩御飯を取りに行こうとした途中、エルサは足に痛みを感じ倒れてしまう。倒れたエルサを助けようとして、道明寺はサクを呼ぶためとっさに声を発した。

少しずつ回復してきた道明寺のために、2人はワインで祝うことにしたが、道明寺は無意識にワインをティスティングするように飲み、エルサとサクを驚かせる。そして突然不機嫌になるというのは相変わらずだが、少しずつエルサに心をひらいていく。エルサは道明寺を励ますために詞と阿星という名前をプレゼントした。

一方、静は類と再会したことでまだ類のことを思っていることを類に告げようとする。しかし、類は自分の心の中では今でも静は重要な位置にいるけど、今もこれからも俺達は友達だ、と冷たく言い放ち静を置いてその場を立ち去る。

F3達は、道明寺の母・楓が連れ去ったのでは?と疑い、ニューヨークへ電話し、所在を確認しようとする。その話を聞いていた杉菜は、自分で楓に電話するが、楓の策略にまんまとはまってしまう。
[PR]
by yuco-ri | 2005-04-01 00:01 | 台湾ドラマ - 流星花園II
<< 流星花園IIをみる - その4 ブンポウその12 ・・・把構文その1 >>